« 2回目の社会人サークル3 | トップページ | 2回目の社会人サークル5 »

2014年3月30日 (日)

2回目の社会人サークル4

早々にターゲットに決めたHさんは、僕の3歳年上で当時36歳でしたが、そんな風には見えないワインの似合う大人な女性でした。
僕は大人な感じの女性がタイプです。

ちょっと訛っていたので出身を聞くと、山形の子という事で、今こっちで独り暮らしをしてるという事でした。
独り暮らしと聞いてますますモチベーションが上がったのは言うまでもありません。

「Hさん、綺麗なのになんで彼氏いないんですか?」
などと、アピールを続けました。

Hさんはそういう言葉に素直に
「嬉しい」
と山形訛りで答えてくれました。

けっこう若い子とかだと、そういう風に誉めると、嫌そうな態度をとったりしますが、そういうの僕は嫌いで、嫌そうな態度をとった女子は完全無視します。
「調子乗んな、ボケェ!」
という事ですね。

こういう所でイライラしないで、クレバーに口説ければ、もう少し出会いを生かせるんだろうなと、いつも反省しています(笑)

そうこう話している内に、席替えの時間になったので、僕は真っ先に

「Hさん、連絡先教えてください。」と、連絡先を交換しました。

当時は僕はまだラインをやっていなかったので、電話番号交換して、アドレスをSMSで送るという方法です。

そして、周りの子もそれに便乗して
「交換して。」
と始まり、僕も他の2人の女の子と2人の男の子と交換しました。
※常連さんとは交換しなかったのは言うまでもありません。

ターゲットのHさんのアドレスをゲットしたので、この後連絡を取ってなんとかHさんを射止めるぞ!と決意を固めました。

リンクリックブログランキング

« 2回目の社会人サークル3 | トップページ | 2回目の社会人サークル5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の社会人サークル4:

« 2回目の社会人サークル3 | トップページ | 2回目の社会人サークル5 »