恋愛

2014年2月17日 (月)

23歳のⅠちゃん

私が初めて参加した社会人サークル「自友区」で出会った、ノリの良い静岡出身のIちゃんとは、その後1ヵ月くらいメールをしました。

お互いの恋愛観なども話題に上がり、Iちゃんが今元彼の事で悩んでいるという話を聞きました。

就職で東京に出てきたIちゃんは、最近分かれた元彼の事を忘れられないというのです。

その彼はⅠちゃんの一つ年上で東京に出てきてから付き合ったそうです。Ⅰちゃんはその彼の事を大好きだったそうですが、時間が合わなかったり、会話のすれ違いから別れに至ったそうです。

その彼の事を忘れたくてⅠちゃんは社会人サークルに参加したそうです。

だけど私と話していると、その彼の事をまだ好きでいる自分に気がついて、そういう状態で私と二人で会う事に抵抗があるとの事でした。

う~ん、真面目ですね。。。

「元彼を忘れたくて社会人サークルに参加して出会いを探しにきたなら、他の男と遊んでみれば良いのに・・・今さらそれ言う~?」

と思いましたが、無理強いしても仕方がないので、私はその元彼ともう一度話をする事を提案しました。

「それなら仕方がないよ。Ⅰちゃんがその彼の事を今でも思っているなら、もう一回ちゃんと話した方が良いよ。その結果がどうなるかは分からないけど、Ⅰちゃんの気持ちを整理する事は出来ると思うよ。」

私は決してⅠちゃんに「良い人」と思われたい訳ではありませんが、二人で会う事すら抵抗を感じているⅠちゃんをこのまま口説いても無理だろうと思い、彼女の立場に立って提案しました。

私にⅠちゃんと付き合うチャンスがあるとすれば、元彼とちゃんと話をして気持ちの整理をした後だろうという考えからです。

打算ですね(笑)
決して私は優しい良い人ではありません。若くて可愛い女の事付き合いたいという、ただのスケベです。

それから数日後、Ⅰちゃんは元彼とちゃんと話をしたと連絡がありました。


JRANK人気ブログランキング

2014年2月 5日 (水)

飲み会の後は

初めての社会人サークルに参加し、無事2次会を終えた僕はさっそくメールをしました。

「今日はありがとうございました。~さんに会えてとても嬉しかったです。今度ぜひまた遊びましょうね♪」

みたいなメールを帰りの電車でさっそく送信しました。

僕はこれはかなり重要だと考えています。

やはり出会った当日に挨拶のメールを送る事で、相手に対する好意や誠実さをアピール出来ます。
女の子もこういったメールをくれる事がありますが、もらうととても嬉しいものです。

僕は話の盛りあがったIちゃんと、30歳のきれいな人と、バイオリンの子にメールを送りました。

Iちゃんはさすがにノリノリのメールを返してくれました。

「あはは(笑)神風さんチャラいと思ったら意外と真面目でビックリしました。はい、今度遊びましょうね!」

みたいな。

ただ、バイオリンの子はそっけない返事が次の日に返ってきて、30歳の綺麗な人は返事すら返ってきませんでした。

「まぁ脈なしだったのかな」と気にしていませんでしたが、今はその原因が分かる気がします。

それは後述するとして、とにかく僕はIちゃんが本命だったので、その後はIちゃんとメールのやりとりを続けました。

Iちゃんは若いだけあって返信もまめで、毎日メールのやりとりが出来ました。

「おはよう。」
「おやすみ~」

メールを繰り返すうちに、Iちゃんの元彼の話になっていきました。

恋愛・結婚

2014年2月 3日 (月)

初めての社会人サークル5

二次会は近くの居酒屋に行きました。
10数人が動くので大変でしたが、なんとか次のお店を見つけ順次入っていきました。

そこで、僕はまた素晴らしく声をあげました。
「せっかくなので、是非男女交互に座りましょう!」
こういうの放っておくと女子だけで固まりがちなので、事前に手配しました。

言うとみんなちゃんと交互に座ってくれるものです。

そして二次会がスタートしました。

最初近くに座ったのは、例の静岡の若いIちゃんでした。
やはりノリが良いので、話は断然盛り上がりました。

どうも僕の印象は「チャラそう」だったそうです(笑)
どんな話をしたか覚えてませんが、今度遊ぼうねとかは話したと思います。

そして僕はまた声をあげました。
「席替えターイム!」
もう「チャラい」と言われたので、怖いものはありません(笑)

適当に席替えをしました。
そこでは28歳のバイオリンを弾いている女性と近くになりました。
ちょっとおしとやかな感じで人気が出そうな女性です。

22時近くになると、ポツポツ女性は帰り始めます。
一人帰ると「私も」「私も」「わだすも」と、みんな帰っていきます。

残ったのは僕を含めて男性3人でしたので、男だけで今日の飲み会について話しました。
こうやって合コンの感想を男だけでするのって、けっこう楽しいものです。

「どの子が良かったですか?」
「~ちゃん可愛かったですよね?」

その時一緒になったSくんとは、2年経った今でも交流が続いてます。

こうして、僕の初めての社会人サークルは、無事終了しました。
初めての社会人サークルは「成功」したと思いました。

しかし、そうではありませんでした。


恋愛・結婚 ブログランキングへ

■知り合いの女性を最短でセックスフレ ンドにする方法2012年改訂版

2014年1月27日 (月)

初めての社会人サークル4

Iちゃんは静岡から就職で東京に出てきた女の子で、元気いっぱいでした。数ヵ月前に彼氏と別れたらしく、出会いを探しにきたそうです。

「チャンス!」

そう思いましたが、もちろん平静を装い話をしました。

Iちゃんは若いだけあってノリも良く話も盛り上がりましたが、一つの席にいられる時間は短いので、それほど多くの事は話せずに席替えになりました。

それから数回席替えを繰り返し、最後の席になりました。

ここの子も可愛くて、30歳だそうですが、とても綺麗な人でした。
ただ話は全然盛り上がりませんでした(笑)

そして、初めての社会人サークルは終了となりました。

僕は体育会系出身なので、二次会は行って当然と思っていたので

「二次会行く人!?」

と声をあげました。
手もあげました(笑)

ここで声をあげるのは私も勇気が要りましたが、事前に近くの男性の参加者と話をしていて、オーケーをもらっていたので、思い切って手をあげられました。

後述しますが、合コンは男性メンバーとのチームワークがとても大切です。 

こうして手をあげると、意外とみんな来てくれるもので、二次会は男女10数人集まりました。

我ながら頑張ったと思います。

ただ、今思えばこの2次会が失敗でした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 合コン・街コン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2014年1月19日 (日)

初めての社会人サークル3

最初の席で隣になったのはどんな娘だったか忘れてしまいました(もう2年も前の事なので・・・)

「お名前は?」
「住まいは?」
「お仕事は?」

とりあえず、あたり触りの無い会話をしたと思います。

この「自友区」では全員と話せるようにとの配慮から、30分くらいで席替えになります。
そのタイミングで主催者から

「そろそろ席替えですので、連絡先を交換する人は交換してください。」

おぉ、なんて素晴らしいサービスなんだろう!
と感動しました。

もちろん僕は平静を装いましたが(笑)

何気に女性に連絡先を聞くのって、少し緊張しますし、「この娘に聞いたら、あの娘から聞きずらいなぁ」とかいろいろ考えてしまいますが、その事を勧めてくれるので、とても簡単に連絡先を交換出来ました。

「社会人サークルいい!!」
僕の社会人サークルへの第一印象は、かなり良かったです。

そして席替えして隣になったのが、Iちゃんという23歳の女の子でした。

僕が当時33歳でしたので10コも年下の女の子で、ショートカットで細身の可愛い一番狙っていた女の子でした。

2014年1月15日 (水)

初めての社会人サ-クル2

初めて参加した社会人サークル「自友区」の飲み会は、品川で開催されました。

品川までの電車の中でいろいろ不安で考えていました。

「女の子なんてほとんどいないんじゃないか」
「チャラ男がいて、メチャクチャになるんじゃないか・・・」
「30代なんてほとんどいなくて、自分は浮いてしまうんじゃないか・・」

そんな事を考えているうちに、品川に到着し会場の居酒屋へ向かいました。

最近品川駅も商業ビルが立ち並び、オシャレになってきましたが、あまりオシャレなお店だとかえって萎縮してしまうので、普通の居酒屋で安心しました(笑)

私はわざと時間ギリギリかちょっと遅れて到着しました。
まずお店の人に「~で予約しています。」と告げ、奥の席へと案内されました。

そこには主催者らしき男性がいて迎えてくれて、まず会費を支払いました。
座敷には既に10数人座っていたので、私はすぐに女性陣をチェックしました(笑)

年齢は20~30前後で中には可愛い娘もちらほらいて、ちょっとテンションが上がりましたが、何も興味無いふりして主催者に支持された席に着きました。

チャラい感じの男子もおらず、みんな真面目そうな人ばかりでした。むしろ私が一番チャラかったかも知れません(汗)

私の心配は取り越し苦労で、とても雰囲気の良い集まりで安心して会に臨めました。
この手のサークルは主催者側の指示によって、男女順番に座るので、隣には女性が座っていて、近くにも女性男性両方います。

そして主催者の合図によって会がスタートしました。
なんとなく自己紹介を始め、近くに座っている4~6人くらいのグループで話をする。自然とそのような流れになりました。

2014年1月 9日 (木)

初めての社会人サークル

「自友区」

私が初めて参加した社会人サークルです。

みなさん、社会人サークルはご存知でしょうか?

一言で言うと「合コンセッティング業者」です。
正確には表現出来ていませんが、僕にとっての社会人サークルはそうです。

遅くなりました。
はじめまして、神風辰朗です。
横浜在住のしがないサラリーマンです。

そんな私が出会い欲しさに参加した社会人サークル。その体験談をこのブログで紹介していきたいと思います。

私が社会人サークルに参加したのは1年半ほど前です。まだそれほど長くはないのかも知れませんが、私なりに多くのサークルに参加してきたつもりではあります。

その最初のサークルが「自友区」です。

何か出会いが欲しくていろいろ調べていたらたどり着いた社会人サークルでした。
ちょっとネーミングもオシャレだし、サイトもさわやかで好印象で、何より「男女比を均等にする。」とサイトで言っていたので、思い切って申し込みました。

今考えてもこのサークルは当たりで、かなりおすすめのサークルです。
ただ今は昼のランチコンがメインになってしまって参加していませんが、夜の部には機会が合えばまた参加したいと考えています。

飲み会当日、やや緊張しながら、会場に向かったのを今でも覚えています。


恋愛・結婚 ブログランキングへ


その他のカテゴリー